インプラントとは

TOP > インプラントについて > インプラントとは

国内で最も多くの症例数

インプラントとは、人工の歯根を口腔内の骨に作り、その上に新しい歯を作るという方法です。入れ歯の様に義歯を歯茎に乗せるだけの方法と異なり、使わない顎骨がやせ細るという心配も無く、さらに従来のブリッジの様に、健全な歯を削る必要がないので、いったんインプラントを装着した後は、違和感や痛みを伴わずに、歯本来の機能を保つことができます。

一般的には、骨と定着するのを2ヶ月~6ヶ月間待たなければならないのですが、最近は症例によりその日に完成する方法もあります。通院回数は約5回になります。
骨がなくても全く問題ありません。
当医院では最高年齢91歳で治療された方がいらっしゃいます。

どんな治療なのか?

この方式はインプラント(人工歯根)を口腔内の骨に植立し、歯を装着するシステムで1本の歯を失った方から全ての方まで幅広く応用することが出来ます。
従来の「ブリッジ」の様に健全な歯を切削する必要が無く、一旦インプラントを装着した後は痛みや違和感を伴わずに、その機能を保つ事が出来ます。

どんな治療なのか?

検査・治療計画

1.問診

イメージ/問診の様子

まず治療を受けたい理由・悩み・要望をよく聞いて、今の歯の状態とインプラント治療を行うために不可欠な条件が全てそろっているかを確認します。

イメージ/カーソル

2.口腔内検査

これまで治療されてきた歯の歴史について伺い、虫歯・歯周炎の有無・歯槽膿漏・骨や粘膜などを調べ、口腔内の状態を把握します。

イメージ/カーソル

レントゲン検査

イメージ/CT

口中全体撮影できるレントゲンとCTスキャンで口腔内全体の骨の形や量を立体的に把握します。検査と診察をして基本的な治療計画を立てます。

(CTは必ずしも撮影する必要はありません)

第1治療

口腔内を消毒後、麻酔をかける

イメージ/手術室

治療は減菌した手術室、あるいは無菌の手術室で器具や施術者も十分消毒して、感染源を排除して行います。まず麻酔を施します。麻酔は表面麻酔や電動麻酔を使用することで全く痛みを感じることはありません。ケースによっては麻酔医が立会います。

イメージ/カーソル

2.骨に孔を形成し、インプラントを埋入※症例によってはここで固定式の仮歯が完成

麻酔が効いてきたら、歯肉を切開して、歯槽骨を露出させます。ドリルを使ってその骨に孔をあけ、インプラント(フィクスチャー)を埋め込み頭部にカバースクリューという部品を装着します。最後に歯肉を縫い合わせて、第一次治療は終了となります。

第2次治療(2-6ヶ月後) 上部構造の作製と装着

1.金属フレームの指摘

まず型取りをし、アバットメントの装着された口腔内の模型を作製し、上下顎の噛み合わせの位置取りを行い義歯をつくります。

イメージ/カーソル

2.仮装着・かみ合わせの調整

次に実際に使ってもらい、噛み合わせの状態を調整していきます。1・2週間ほど具合をみて、噛み合わせが悪い時は義歯を削って調整します。

イメージ/カーソル

3.完成

すべての土台に緩みがなく、ほかにも問題箇所がないと判断できたら、しっかりとネジをしめます。
これで補綴は終了です。

メンテナンス

1.メンテンナスの基本は毎日のハミガキ

イメージ/メンテナンス用品

インプラントは歯槽膿漏にかかることは天然歯よりも少ないのですが、最悪の場合にはインプラントが抜けてしまうことがないとも言えませんので、毎食後にきちんと自分の歯のときと同じように歯磨きをしてプラークコントロールする必要があります。

イメージ/カーソル

2.定期健診も忘れずに

治療が終わった後は、まず1ヵ月後に定期健診があります。最初の1年はまだ骨が固まっていく過程なので、その後も6ヶ月ごとの定期健診で歯茎の状態やインプラントの清掃状態、噛み合わせの様子などのチェックを受けることが大切です。

上に戻る