インプラント症例

TOP > インプラントについて > 症例:多くの歯を失った場合

  • 1歯欠損
  • 2~5歯欠損
  • 多くの歯を失った症例

症例/上全部をインプラントにし、きれいな口元に

症例3/Before After
インプラントにしたら、もっと奇麗な歯になるか?それを願い、インプラントにしました。

来院時

初診のときには上の歯はまだ三本残っていたのですが、部分入れ歯のままで長年放置してきたので、他の歯もほとんど歯肉が減ってグラグラの状態でした。

ご本人もそのことをよく自覚されていたようで、この際、残っている上の歯も抜いて、上部全体をインプラントにしてほしいとのご要望でした。

治療

残っている歯を抜いた後の治療をCT画像も含めて詳細に説明しました。
それで十分納得していただけたので治療にとりかかりました。

途中で患者さんが気にされていたことは、「インプラントにしたら、もっときれいな歯になるか」ということでした。合計で六本のインプラントを入れ、上部全てを プラスチックにしましたが、きれいな仕上がりとなりました。噛み合わせにも問題がなかったので、治療前の不安も杞憂だったことがよくおわかりになったようです。

治療費用40万円

その他の症例

全て歯が無く、インプラントの本数は上下合わせて14本。上の歯は全部で28本。セラミックで修復
下の歯を全て失っています。インプラント6本、上の歯14本。プラスチックで修復
上下全てセラミック(14本
下の歯を全て失っています。インプラント6本。上の歯14本。セラミックで修復
上全て欠損。6本インプラントで上の歯14本。セラミックで修復

上に戻る