インプラント症例:2~5歯欠損

TOP > インプラントについて > 症例:2~5歯欠損

  • 1歯欠損
  • 2~5歯欠損
  • 多くの歯を失った症例

症例/二本のインプラントを入れ、5本分の人工歯を

症例2/Before After
部分入れ歯の違和感を我慢していたら残りの歯もグラグラに。相談し、インプラントに決めました。

来院時

歯槽膿漏で前歯三本のみになって、やむなく部分入れ歯にしたそうです。
患者さんはもともと部分入れ歯に違和感があったのですが、そえでも我慢して部分入れ歯を使い続けていたら、さらに残り三本の歯もグラグラになってしまったということです。

「このままではどうなるだろう、心配だ」と友人に相談したところ、「それなら…」ということで、当院を勧められたそうです。

治療

インプラントは最良の治療法とはいえ、埋め込む方向を間違えれば他の歯に損傷を起こしかねません。 ご本人の希望で二本のインプラントを前歯に入れ、五本分の人工歯を入れました。

このような設計は本来、インプラントに負担がかかりすぎるため行わないのですが、「とりあえず一年でも使えれば」という患者さんの意向を汲み、治療いたしました。

治療費用40万円

その他の症例

3本のインプラントで5本のセラミック歯
2本のインプラントで4本のセラミック歯
左上3本のインプラントで4本のセラミック歯
左右一番奥それぞれ1本セラミックで計2本修復
右下奥歯2本のインプラントを銀歯で修復
右上奥3本の歯を2本のインプラントでセラミック修復
左下奥歯3本の歯を2本のインプラントで銀歯修復
左上2本の歯を2本インプラントでセラミック修復左上2本の歯を2本インプラントでセラミック修復

上に戻る